社長挨拶

TOP > 社長挨拶

讃岐から世界へ!

DynaxTは生い立ちから地元志向の企業です。
そして、DynaxTの社員は今もほとんどが地元人間の集まりです。
しかしこれからは、東京などの大都会の仕事と比べてもDynaxTが魅力的になり、それらの企業を断ってでも若く優秀な人たちに「DynaxTに就職したい!」と言ってもらえる魅力ある企業になることが目標です。

企業の中心は社員です。
社員が生甲斐のある企業を育てていくことが私の第一の目標です。
そしてそのために長く継続できる企業を目指しています。

現在DynaxTは、派遣を含めて大切なお客様にICTシステムを製造し、運用するプロジェクトの受託をしている企業です。安心安全を提供する製造業です。

このようなシステムは1社1製品です。
各受託プロジェクトでは、お客様が満足されることはもちろん第1条件ですが、それ以外で私の考える2大目標は、以下の2つです。
(1)QCTDを守って利益がでること
(2)プロジェクトを通して社員が成長を実感できること

技術を維持するためにはお客様にICTを活用したシステムを提供し続けることと同時に、社内で自由に発展的な技術実験ができる自社製品を持つ必要があります。
「さぬきから世界へ」発信するために当社が力を入れているのがAIを応用した製品の研究開発で、具体的には以下の4つに取り組んでいます。
・MathPubとMPCプログラミング教室
・音声案内アプリ
・IoT技術分野の遠隔管理・監視クラウドサービスシステム
・医療物流システム

これからは、論理思考で解決できるもの、例えばプログラミングの製造テストなどもAIによって自動化される可能性が大きいと考えています。

ソフトウェア業界(他の業界も)は少量ロットの、顧客の競争力をより強めるための仕様に合わせた、そしてパーソナライズされた、創造力豊かなイノベーションが重要になります。

近未来の技術者は機会、ここではあえてオポチュニティと言わせて下さい、を追求することを行う必要があると感じています。

DynaxTは今後も特に人間しかできないこと、例えば、ICTシステムの創造的な提案・顧客の要望を顧客の言葉でまとめあげる要件定義や設計を提供できる人財を育てる環境を作ります。

これを達成するために社内の真の民主化を進め、風通しを良くして、かつ社内に妥協のない、人事・技術・実績等の評価システムを構築することも重要事項の一つとして取り組んでいきます。

顧客の声が社内全体に聞こえてくる社風を構築し、これに応える能力を養成していきながら、DynaxTの得意な技術領域でビジネスを拡大し、世界に向けて羽ばたく大きな夢を持ってこれからも取り組んでいきたいと考えています。

氏名
大和田 昭邦(おおわだ あきくに)
役職名
代表取締役社長
最終学歴
1969年 東京大学 工学部 計数工学科 卒業
職歴
1969年6月~1974年3月 東京芝浦電気株式会社 システム開発プロジェクト管理
1974年4月~1976年3月 香川大学商業短期大学部 講師 香川大学統計学修士取得
1976年4月~1977年3月 高松高等予備校 副校長
1977年4月~1986年6月 高松高等予備校 理事長
1986年9月~       株式会社DynaxT 代表取締役社長

2007年4月~2015年3月 香川大学大学院 地域マネジメント研究科 客員教授




1986年
1986年9月25日 株式会社ダイナックス高松 設立
通信パッケージ製品開発・マークカード試験添削統計資料作成システム製品開発
生産管理システム・配電現業システムなどを受託開発
1989年
電力系システム受託開発を開始
1999年
Javaによるシステム受託開発、製品開発を開始
自動車メーカー部品手配基盤受託開発
2000年
本社を香川産業頭脳化センターに移転
2007年
本社を高松市寿町海ビルへ移転
2012年
社名変更(株式会社ダイナックス高松→株式会社DynaxT)
「さぬきから世界へ!」の標語の下に社名を変更、東京事務所設立
2014年
ISO/IEC27001情報セキュリティマネジメントシステム認証取得
MathPubクラウドサービスプレスリリース
医療パッケージ製品開発、日本全国に向けて販売・サービスの展開を開始
2015年
本社を香川県高松市林町に移転
ロボットプログラミング教室 開催/遠隔監視クラウドサービスIoTシステム受託開発
音声案内スマートフォンアプリを受託開発/人工知能研究会 発足
2016年
プログラミング教室 開催(MathPub、電子工作[ArduinoUNO]、スクラッチ)
 
Copyright © 2018 株式会社DynaxT All Right Reserved.
ページトップへ